【なぜか人に嫌われる人必見】人に好かれるコツ

ライフハック

全ての人は他人に好かれたいと思っています。

しかし、他人に人に好かれるのは難しいです。人によってはなぜか嫌われてしまうという人もいるでしょう。

そこで、本記事で人に好かれるコツを書いていきます。

※スプリチュアルな記事ではありません。科学的に書いていきます。

人に好かれるコツ

オーラを明るい色にする。

全ての人はその人特有のオーラがあります。目には見えないですが、人間にはその人の持つオーラを感じ取る力があります。

では、人はどのようなオーラを心地良いと感じ、相性が良いと感じるのでしょうか?

それは、自分のオーラと綺麗に混じりあうオーラです

黒に何色を混ぜても黒にしかならないように、暗いオーラに何を混ぜても汚いオーラにしかなりません。逆に明るいオーラはどの色のオーラとも相性が良く、きれいなオーラとなります。

あなたが嫌われているのは、暗いオーラを無意識に感じ取られているかもしれません。

ですので、オーラを明るい色にしましょう。

では、どうやってオーラの色を明るくするのでしょうか?

それは、明るくハキハキと喋ることです。

毎日の挨拶から「明るくハキハキ」を意識するだけで、あなたのオーラは少しづつ明るい色になります。

ね?簡単でしょ?

周波数を人に合わせる。

人には人の周波数があります。その周波数を合わせることが大事です。

高い周波数を持っている人には高い周波数に、低い周波数を持っている人には低い周波数に合わせましょう。

人は自分と似た周波数の人に心地よさを感じます。

何のことを言っているかわからない人もいると思いますが、要は人に合わせるということです。

ありのままの自分を見てほしいという願望は誰にでもあると思いますが、時には人に合わせるということも必要です。ありのままの自分を見せるのは相手と関係が深くなってからにしましょう。

見た目に気をつかう。

見た目に気を使うことも必要です。

以下にあなたが松井秀喜のような素晴らしい内面を持っていたとしても、最低限の見た目がなければ、その内面を知ってもらう前に人は逃げていくでしょう。

あなたは「よれよれの虫食い穴が数多く散見されるTシャツを着ていて、なおかつ体臭が少々気になる人」と友達になりたいですか?

なりたくないですよね?そう言うことです。

見た目に気を使うといっても「ブランド物の服を着る」とかそういうのではないです。最低限の清潔感さえあれば大丈夫です。

自慢をしすぎない。

人は誰かに認められたいと思っています。そのような欲求のことを「承認欲求」と呼びます。

話の取っ掛かりに少し自慢をするのは良いですが、自らの承認欲求を満たしたいばかりに自慢を繰り返すのはやめましょう。

あなたの経験してきたことに他人は興味ありません。また、人間誰しもが他には負けない素晴らしい経験をしているものです。あなたの自慢していることは大したことではないと自覚しましょう。

自慢ばかりしていると嫌われます。

否定しない

これが一番大事です。

人は自分の意見を否定されると不快に感じます。

ただ、人生において全ての意見に対して肯定をし続けるのは難しいので、相手を選びましょう。

今後深く関わることがないような人に対しては、その人の意見を肯定し続けましょう。勝手にその人は自分のことを好いてくれます。

まとめ

人に好かれるために以下の行動をしましょう。

・オーラを明るい色にする。

・周波数を人に合わせる。

・見た目に気を使う。

・自慢をしすぎない。

・否定をしない。

偉人さんはよく「ありのままの自分を慕う人だけいれば良い。」と言いますが、ほとんどの人間は凡人です。凡人はいろんな人に好かれる、いわゆる八方美人にならないと人生の難易度が大きく高くなります。

現代社会では「人に合わせる」という能力も必要です。

この記事を書いた人
fusikera

人はなぜ争うのか?それを考えていたら、道端の小石を舐めまわす職についていました。
宇宙的な視点で他には書けない記事を書いていきます。
お仕事の依頼はfusikerakera@gmail.comにお願いします。

fusikeraをフォローする
ライフハック
スポンサーリンク
ケラー・オブ・ケラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました